本日のおすすめ『デイトレードとスイングトレードの違い(常勝FX龍司)』等

債券投資のリスクとデリバティブ 投資家のための金融工学 「金」投資 完全ガイド

債券のリスク評価とデリバティブによるリスクヘッジの考え方を、金融工学の観点から投資家向けに平易に説明する。金融工学の専門家でない人がリスク評価の基本的な考え方を理解できるよう配慮した債権投資の入門書。 【金投資で「低金利」&「物価上昇」での貧乏老後を回避せよ!】物価が上がっているのに、預金金利は低いまま……。そんな経済状況下、豊かな老後を迎えるための備えとは?プラチナ、銀、パラジウムの投資ガイドも!*ダイヤモンドZAi(2014年12月号)の別冊付録のみを電子書籍化したものです。*…

注目の情報『「億の手」』(佐々木 権一)


「億の手」

ライントレードの新機軸

「相場」が変動する直前に自動でラインを引く「相場力アップ」インジケーター。 ポジションを持った後は、そのポジションが妥当かどうかを早く正確に分かるようになり、損小利大にすることが可能です。

 

★「億の手」の公式サイトへ★


週刊ダイヤモンド 「円安大転換」後の日本経済~為替は予想インフレ率の差で動く~

【特集】金融3月危機の正体「株価下落」「金融庁検査」で高… 為替相場は貿易収支やユーロ不安などの要因で円安や円高に振れるわけではない。為替は外為市場に参加している投資家が抱く「予想インフレ率の差」で動く。そして、これに影響を与えることができるのは、中央銀行の政策だ!――アベノミクスにより日銀が適切な金融政策を行い1ドル=105円の円安にな…

おすすめはやはり『「億の手」』

「億の手」

あらゆる手法の売りサイン、買いサインの中身を、サポート・レジスタンスの考え方で、細かくリアルタイムに見ることが可能です。 結果として、トレードの根拠に大口注文の状況を取り入れることで、エントリーの精度が上がります。

 

★「億の手」の公式サイトへ★