本日のおすすめ『【FX初心者が自動売買ツールでやってみた】※FX大損回避中?!※2017/10/19の結果【目指せ!FX億トレーダー】基礎から勉強中です』等

金融には、もっとできることがある 地方自治体財務総覧 2016年版

2013年7月1日。この日、東京・大手町に新しい「日の丸」投資銀行が誕生した。その名は、「新生プリンシパルインベストメンツ(PI)グループ」。変化の激しい業界で10年以上収益を上げて来られたのはなぜなのか。新生PIの誕生から現在に至るまでの歴史を紐解くことで、これからの金融の在り方が見… 【ご注意ください!】・本コンテンツは冊子版の約800ページを電子化したものです。ご利用いただく環境によっては、ダウンロードに時間がかかったり、一部ページの濃淡が明瞭でない場合がございますが、あらかじめご了承ください。・本コンテンツに自治体名等での検索機能はございません。目次・…

注目の情報『FXスキャルマスター』(中村 恭悠)


FXスキャルマスター

1億5000万円達成したFXスキャルピング手法を公開

【 FXスキャルマスターの根本的なトレードの考え方】 一番重要な部分を皆様に教えてしまいます。 上昇トレンドという方向性は合っている、タイミングもほとんど合っていた、買ったのに下がってきたから損切りした、そしたら意地悪のように爆上昇・・・。。 これを続けて稼げないトレーダーは多くいらっしゃると思います。 スキャルマスターの根本的な考え方は、トレンドの確認はインジケーターの色が『赤なら売り』エントリーは3種類の瞬間的に判断できるツールを使います。 【FXスキャルマスターは損切りが小さく利食いが大きい】 ルールに従うだけで、投資の本質を理解いただけると思います。 トレンドフォロー手法の多くは、あるポイントのブレイクでエントリーするものが多いです。 しかし、損切り予定ポイントまでが長く、利食い予定ポイントまでが狭くりなりますね。 スキャルマスターならば、損小利大がルールに組まれています。

 

★FXスキャルマスターの公式サイトへ★


〈サピエンティア〉空間経済学 絶対お得! ふるさと納税のすべてが分かる本 2017年版

●東洋経済新報社の新しい経済学テキストシリーズ〈サピエンティア〉●気鋭の経済学者の書き下ろし、空間経済学の入門テキストの決定版!●新貿易理論、新経済地理学から最新の理論モデルまで、コンパクトに解説●各章末に演習問題付き(解答は東洋経済新報社サイトにて公開)「伝統的な経済学では、… 「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた『ふるさと』に、自分の意志で、いくらかでも納税…

おすすめはやはり『FXスキャルマスター』

FXスキャルマスター

スキャルマスターの手法はコツコツと利食いしていき、手堅く資産を増やしていきます。 どれだけ優れたパフォーマンスのシステムでも、1年間あれば1ヶ月はマイナスの月が発生していると思います。 僕の場合、スキャルマスターが完成した後は、毎月の収支がマイナスになったことがありません。

 

★FXスキャルマスターの公式サイトへ★